上手くいかないよオクイラ

現在パートで月10万弱稼いでいますが、正直ちょっと足らないんです…。

そこでちょっと小遣い稼ぎに、趣味を兼ねた小遣い稼ぎをしようと、手描きイラストをネットオークションに出したりしてます。

この手描きイラストをネットオークションで売るというのは、まだ一般的には知られていないと思いますが意外に出品者は多く、競争率が激しいです。
落札される価格はピンキリで、私はA4サイズに1キャラ描いたものが1000~3000円程度。
高額落札されているものは、数万円~数十万円まであります。
羨ましい話です…。

なかなか高額を叩き出すのは難しいのです。
絵のクオリティはもちろん、人気のアニメ、漫画、ラノベ、ゲームのキャラなどオタク知識が無いとクリックすらしてもらえません。
今のアニメ、漫画事情に詳しくない私は頭を悩ませるところです。

でもでも!ここで諦めてはいけない!なぜなら、言い方はちょっと悪いですが「え?なぜこの○○な絵がこの価格なの?」ってイラストが多々あるのです。
あまりクオリティの高くない(製作者には申し訳ない)イラストでも値が付くことがあるんです。

売れ筋の作品のキャラや、今時のアニメ、漫画の画風のイラストだと結構注目されるようです。
要は自分の推しキャラのイラストを集めてる人をターゲットに落札者好みのイラストを描ければ、固定ファンが出来てリピートして入札してくれるんですよね。

あと、マイナーキャラ、マイナー作品でも、2人以上の心を掴むと競り合いとなり、ビックリ高額を出すことも可能です。
これを世間では不思議価格と言います。
その辺のツボが分かるとこの世界で稼いでいけます。

私は今後も自分のペースでオクイラを続けていくつもりです。
もしイラストが描けてついでに小遣い稼ぎをしようと思ってる人がいたら、ぜひやってみてほしいです。
自分の作品が目に見える形で評価されるし、落札者さんから直接感想ももらえるし、厳しい中にも楽しさがありますよ。

懐かしくて手が止まる作業

1月末に出産予定なので、そろそろ出産準備を始めています。

赤ちゃんは女の子だそうで、念願の一男一女の母です。

息子が生まれたときに着せていた肌着や使っていた布オムツなどを引っ張り出して
見ているんですが、懐かしくてついつい手が止まってしまいます。

性別は違いますが、息子のときに購入していた肌着はほとんどが黄色系だったので
なるべくなら出費を抑えようと、着れるものは着せたいなと思っています。

しかしやはり女の子なので、検診などの外出用にピンク系の肌着とベビードレスは欲しいかな
と独り言を言いながら、楽しく見ています。

息子のときは離乳食が始まるまで布オムツを使っていました。

離乳食とほぼ同時に保育園へ預けたので、紙おむつになりましたが、
娘は保育園へは預けない予定なので、できる限り布オムツで育児をしたいなと思っています。

新生児ってこんなに小さい服を着てたんだよなと改めて思って、
1歳半の息子の洗濯物をまじまじと見つめてしまいました。

1年でこんなに大きくなるんだよなと。

1歳半の息子は、ママべったりモードなのでパパがかわいそうになっています。

少し早くにおにいちゃんにしてしまったけど、双子を育てる感覚で頑張ろうと思います。

神様出張中

真夏の暑い時期を避け、気候も良くなってきた10月に実家に帰省してきました。
来年の1月に出産をひかえ、旅行できるのも今のうちだと思い折角なので家族で伊勢神宮へ。
しかし、その日は悪天候。
天気予報も昼から50%雨との予報。
でも、伊勢神宮といえば天照大神がいる所。
たとえ伊勢市は雨だとしても伊勢神宮は晴れているでしょ!と勝手に信じて傘を持たずに出発。
初めは晴れていたものの伊勢に近づくにつれ徐々に空が雲に覆われてきているような。
そんな不安を更に大きくする様に姉が一言。
「10月って神無月でしょ?神様いないじゃん。
」なんてこった!そんな事考えもしなかった。
そして、案の定駅に着いて、伊勢神宮へ向かう途中雨が降り出した。
そして、その日は出雲大社で高円宮典子様が結婚にあたり「賢所皇霊殿神殿に謁するの儀」というのをやっていたらしい。
多分、天照大神はそっちに出張していたと思う。

メニュー偽装問題 エビはエビの認識しかない味音痴の戯言

レストランのメニューの偽装問題が、テレビでも大々的に取り上げられています。
特にワイドショーなどは、どこを回してもしょっちゅう偽装問題です。

こういう事件が起こると、だいたい最初に問題が発覚したところがすごく叩かれ、それに乗じた形で、今のうちに白状してしまえと言わんばかりに、ウチもやっていましたというところがたくさん出て来ます。

だいたい同じようなことをやっているのに、乗っかって白状したところは、最初のところほどは叩かれないというのも、なんか不公平なような気がします。

いろいろ聞いていると、絞りってでもないのに、フレッシュジュースといっていたとか、ブラックタイガーを車エビとか言っていたといいますが、よく考えると変な話です。
何年もの間、そのメニューで出していて、お客さんは誰も気づいていなかったのではと思ってしまいます。
世の中には、知らぬが仏という言葉があります。別にジュースがフレッシュだろうが、フレッシュでなかろうが、その時に飲んで美味しかったんなら、いちいち細かいことをいいなさんな! なんて思ってしまったりもします。

むしろ、発覚してしまったことにより、「あー、ダマされた。」という思いを一生背負い続けて生きていくんだろうな・・・なんて思っちゃったりします。
もっともウソはやっぱりいけないことで、正すべきではありますが、難しいところです。

私みたいな味覚音痴は、ブラックタイガーだろうが、芝エビだろうが、バナメイエビだろうが、車エビだろうが、エビはエビとしか認識して食べていない人間にとっては、どうでもいい話かもしれません。

もっともこんな私でも、伊勢エビと言われてオキアミが出て来たら、クレームしますけれど、いずれにしろ騙しちゃいけないってことです。

USJで話題の土産、百味ビーンズを食べました

今、USJに新しくできたハリーポッター、人気のようです。
なかなか入れないようですね。
私はハリーポッターは一度テレビで見たのですが、昔なので、ストーリーはよく覚えていません。
遊園地の乗り物も怖くて苦手なので、行く予定はありませんでした。

でも、先日、テレビで、ハリーポッターの人気の土産、百味ビーンズの鼻くそ味を芸人が食べているのを見て、百味ビーンズには興味がありました。
鼻くそはともかく、ミミズ味など、普通の人が食べたことないものの味をどう表現したのだろうと思いました。
でも、百味ビーンズのためだけにUSJに行く気もなく、時間だけが過ぎていきました。

そんなとき、同僚が、百味ビーンズを少しだけお裾分けしてくれました。
全ての味ではありません。
喜んで家に持ち帰り、インターネットで、私がもらったのはどの味か調べました。

必死に調べたのですが、似たような色のものがたくさんあり、腐った卵味なのかレモン味なのか分からないなど、おいしいものと危険なものの区別すらつきませんでした。
これは、ドキドキしながら食べるしかありません。

まず、ブルーベリー。
これはおいしいです。
青りんごもおいしいです。
腐った卵かと思ったのはレモンでした。
ソーセージは少し甘いですがソーセージと言われればソーセージでした。
石鹸は本当に石鹸味で、口の中が泡立ちそうでした。
気になるミミズは、土のついたゴボウのような味でした。
ミミズの味は知りませんが、土の味でした。

こんなお菓子を考える人もいるんですね。
面白かったです。
いつか鼻くそ味も食べてみたいです。

シャープがま口に興味あり。

昨日、なんとなく手作り系のサイトを見ていましたら、ひとつ食いついちゃったものがありました。
がま口です。

そのがま口の形に、「おおっ!」と、一瞬心が揺さぶられてしまったのです。

そのがま口は、ちょっと縦が長い長方形。

しかも、なんだかしゃれた布で作られている。

と思ったら、なんと100均で買ってきたがま口の表面だけをリメイクしたものだと書かれているではありませんか!
なにー!これはいいじゃないか、と。

ふつうがま口っていうと、おばあちゃんが持ってそうなイメージじゃないですか(私だけ?)。

たいがい細かいお花柄で、素材はちりめんかなんかで、シルエットはまるっこくて。

がま口イコールそういうもんだと思ってたら、このがま口はシャープでかっこいい!
しかし残念ながら、リメイクがどうやって施されたかの説明書きが見当たらず…。

まぁ私みたいな不器用な人間には、ちょっと無理かも。

いつか100均で見かけたら、じーっと見ちゃうな。

ドライブに行ってきました

週末。
今週もお仕事頑張ったし、気分転換でもするか~!ということで、少し遠くまで友人とドライブする事にしました。

ちなみに金曜の夕方、仕事が終わってそのまま。
元気ですね、私達(笑)
目的は室蘭の工場夜景!噂には聞いていたものの、そちら方面に行くこともなかなかありませんし、夜景が見られる時間にそこに居るとなると帰りは…等々、見に行けずにおりました。

次の日はお休みなので時間を気にせず興味がある場所を見つける度に立ち寄り、ゆっくり目的地へ。

付近まで行くと何やら明るい地帯が…しかし近過ぎてただ所々がピカピカ光っている汚い建物?
それもその筈、なんとこの夜景、車で橋を通過している間しか全貌を見る事が出来ないんです!
それじゃあ橋を渡るしかない、というわけで橋へ続く道を上っていくと…
記事を書いているのに何ですが、文章には書き起せない光景が!(笑)
建物の各所に灯りがあるので立体的ですし、広い工場地帯で境目もわからないので一つの巨大な光る要塞のよう。

友人曰く、某動く城みたい!だそうです(笑)
あまりに綺麗だったので橋を2往復して帰路につきました…
帰宅は午前3時、目がしょぼしょぼですが良いドライブでした~!

アボガドかアボカドか。

私、アボカドって苦手だったんです。

よく「わさび醤油で食べると美味しい」とか、「サラダにしても美味しい」とか聞きますよね。
わさび醤油にも合って、サラダにも合う…?どんな味なんだ!?
実際食べてみると、なんだか生臭いような青臭いような不思議な味。

これは無理だな~と敬遠してました。

しかし!
先日、友達が「居酒屋で食べたんだけど、これはイケる!!」と調理法を伝授してくれました!
材料:アボカド1個、たらこor明太子1腹、溶けるチーズ
手順:1.アボカドを縦半分に割り、種と実を取り出す。
皮は使うので丁寧に!
   2.アボカドの実と、たらこor明太子をぐっちゃぐちゃに混ぜる。

   3.皮をお皿に見立て、2を詰める。

   4.チーズをのせてトースターで焦げ目がつくまで焼く。

…これだけで、超絶美味なおつまみが完成!!
たらこのしょっぱさと、焦げたチーズの香ばしさが最高です♪
是非試してみて下さいね☆

魅惑過ぎる一点集中狙いの雑誌

いつも立ち寄る本屋の雑誌売り場に行ってみたら、何とも心惹かれる雑誌の表紙が。

なんと表紙いっぱいがウェルッシュ・コーギーなのです。

それもコーギー独特の可愛いスマイル。
目が合った瞬間、メロメロになってしまいました。

その雑誌、コーギー専門の雑誌というから驚きです。
確かにコーギーは人気のある犬種ですが、まさか単独の雑誌になるとは思いませんでした。

つい誘惑に負けて雑誌を開いてみると、コーギーを飼っているご家庭の普段の様子や、お散歩風景、コーギーの性格、魅力など、まさにコーギーづくし。

ここまでコーギーにだけ特化しているとは、表紙通りです。

コーギーを飼う予定も無いのですが、見ているだけでとても幸せな気分になりました。

もし私が犬を飼う時には、猫との相性を考えてスピッツや朕だと思っていましたが、やっぱりコーギーも捨てがたいですね。
夢が膨らみます。

私の親友

この前、親友と遊びに行きました。
行ったところはボーリングにカラオケです。
至って普通な場所ですね。

親友は同い年の男性です。
彼とは、小学1年生の時に同じクラスで知り合いました。
すぐに仲良くなり、少年野球のチームにも共に在籍しました。
中学も同じ野球部で、県大会ベスト16の成績を残し、喜びも悲しみも味わってきた仲です。
高校もお互い同じ野球の強豪校に進み、苦楽を共にした仲です。
高校までの12年間、同じクラスになることも多く、同じ部活だったので、休日もよく遊びましたし、会話もかなり多かったと思います。
中学の時は、好きな子が被りました。
複雑な心境でした。

大学は別々になり、私は県外の大学へ進学しました。
帰省時にしか会うことはできませんが、帰ってくると必ずどこかへ遊びに行きます。

最近では、就職先の相談や就活性らしい悩みも話したり、就活あるあるなど笑い話を話したりしています。
それでも、やはり昔の話は必ず出ますし、懐かしさもお互いに感じています。
彼と話しているととても楽しいですし、気持ちはとてもハイになります。

きっと、この人とはこれから先も良い親友として繋がっていくんだろうなと感じます。

私は、友人はあまり多くないので、彼のような存在はとても頼もしく感じます。